サイトのセキュリティー対策を考えたらまずはSSL設定を!

セキュリティー対策の一歩目・SSL設定!

目次

己紹介

ダックスフンドの顔画像

名前:ジョン

種別:犬(ダックスフント)

本名:ムーンライトロードジェイビーシルバーマックス

趣味:足長効果のある着圧ソックス履いて、筋トレすること。

現在の仕事:サイト構築

名前:ティン

種別:猫(大型種)

本名:ノルウェージャンフォレストキャット

趣味:ライオンのように気高くそして生きること。

現在の仕事:新人教育

猫の画像
ジョン

よっしゃ!サイト完成したで!

ティン

まじ!?どれどれ!?

“保護されていない通信”って、なんや怪しいサイトなってるで!
SSL設定くらいしといてや!

SSL設定って何!?

SSL設定ってのは、セキュリティー対策の一つで、それせんかったら天下のGoogleさんに嫌われるで!

SSLって何?

SSLとはSecure Sockets Layerの略で、ホームページ上で行われる通信情報を暗号化するものです。

インターネット世界では、クレジット番号や電話番号・住所・メールアドレス・などの個人情報を狙った悪質な行為が多発しています。

そこで、SSL設定を行うことにより、情報漏洩などのセキュリティー対策の役割を果たし、通信の安全性を向上させることができます。

近年では、SSL設定がされていないサイトに対して、GoogleクロームやFirefoxなどの検索エンジンが「保護されていない通信」として扱うため、悪気はなくとも非常に怪しいサイトになってしまいます。

また、SEOの観点からも評価が大きく下がる原因となるため、SSL設定を行うことは必須項目となっています。

また、SSL設定がなされたサイトのURLは「http」から「https」という文字から始まるため、SSL設定がされているか、されていないかは、一目瞭然なのです。

ジョン

へー、それは知らんかった!笑
とりあえず、SSL設定はしとけってことね!

ティン

そゆこと〜〜

ジョン

んで、SSL設定って、どーやってするん?

ティン

しゃーなし、説明していこか〜
今回はXserverを使用したSSL設定の方法を説明するで〜

SSL設定の方法(Xserverの場合)

SSL設定をすると言っても、サーバーを契約している場合、サーバー側のサービスにより、比較的簡単に設定することが可能です。

今回は、XserverでSSL設定をする場合を説明いたします。

STEP
ドメインからSSL設定を選択

Xseverのサーバー管理画面に入り、ドメイン→SSL設定を選択します。

STEP
SSL設定を行うドメインを選択する

SSL設定を行いたいドメインを選択します。

STEP
独自SSLを追加

設定するドメインを選択すると、「独自SSL設定追加」というタブが存在するので、選択します。

その後、設定対象ドメインに間違いがないことを確認し、設定するサイトのURLを選択します。

その後「確認画面に進む」を選択。

*「CRL情報(SSL証明書申請情報)を入力する」というチェックボックスが存在しますが、チェックしなくてもSSL設定は可能です。特にCRL情報についての必要性がなければ、チェックしなくても大丈夫です。

*上記の画像はSSL設定が完了しているため、(設定済)という文字が表示されています。設定が完了していないサイトでは表示されません

STEP
追加するをクリック

その後、「追加する」を選択し、設定完了

「DNS参照先サーバーが当サーバーではありませんでした。」と表示される場合。https://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_ssl.phpに対処方法が記載されています。

STEP
設定完了

設定が完了すると、上記のように「反映待ち」の文字が表示されます。

この文字が消えるまで、最大一時間ほどかかることがあります。「反映待ち」が解除されたら、SSL設定が完了!

ジョン

よし!SSL設定完了!
って、あれ?まだ、「保護されてない通信」ってでてるねんけど?

ティン

そやねん。サイトをSSL化するためには、SSL設定するじゃあかんねん。
これから細かいとこ設定していくで〜

時SSL化

SSL設定をしただけでは、サイトのSSL化は完了しません。

Googleなどの検索エンジンにSSL化を認識させるためには、サイトURLを「http」から「https」へ変更する必要があります。

そのため、自動で「https」のURLへ転送されるように、常時SSL化を行います。

STEP
「.htaccess編集」を行う

(注意)「.htaccess編集」はWebサーバーの機能を制御することができます。不用意に編集すると、エラーの元になります。書き込んだ記憶のないコードでも不用意に削除等は行わないでください。また、「.htaccess編集」を行う前には、プラグインやXserverのバックアップ機能を利用して、バックアップを取得することをおすすめいたします。バックアップを取得しておくことで、万が一の場合、復旧が可能となります。

また、この作業によりバグやエラー等発生いたしましても、責任を負いかねますので自己責任で行いますよう、よろしくお願いいたします。

左の画像のように、ホームページのメニューから、「.htaccess編集」を選択します。

その後、上記のように「.htaccess編集」を選択し、設定対象ドメインを選択します。

そして、その下のコードエリアに以下のコードを記述します。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

そして、「確認画面に進む」を選択し、設定を完了します。

「http~」で書かれていたサイトを開いた際、「https~」のURLに変更されていれば、成功です!

STEP
CMSにおける常時SSL化

CMSとは、Contents Management Systemの略で、WordPressなど、Webサイト構築のシステムのことです。

これらを利用している場合、それぞれで常時SSL化を行う必要があります。

今回は、特に利用者の多いWordPressの常時SSL化について説明していきます。

WordPressでの常時SSL化は非常に簡単です。

WordPress管理画面(ダッシュボード)にログインし、「設定」>「一般」にある「WordPress アドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」の設定内容を、https通信時のURL(https://~)に変更してください。

以下のように「https~」に変更されていれば、完成です。

STEP
画像等、その他リンクのURLの変更

これまでの作業を完了してもなお、「保護されていない通信」と表示される場合があります。

この場合は、サイトに画像やCSSなどHTTP接続を使用している可能性を確認してください。画像やCSSなど、HTTP接続を使用している場合、それぞれのURLを「http~」から「https~」に変更する必要があります。変更方法には以下のような方法があります。

  1. 画像ファイルやCSSファイルをアップロードし直す。
  2. プラグインを使用して、「http~」の部分を「https~」に一括変更する。

1の方法を使用する方:

WordPressにアップロードしている画像を一度全て削除し、アップロードし直します。その後、それぞれのページで適用している画像を、再度適用しなおします。そうすることで、画像URLが「https~」へ変更されます。

2の方法を使用する方:

WordPressには「Search Regex」とプラグインが存在します。このプラグインは、WordPress の投稿、固定ページ、独自の投稿種別、またほかの入力元に対する、強力な検索と置換の機能を持っています。サイト内に保存されているほぼすべてのデータを検索し置換することができます。

このプラグインを使用し、「http://example.com」などのサイトURLを検索し、一括で「https://example.com」と行ったURLに変換することができます。

*ただし、誤ったURLまでも変更してしまい、サイト構成がぐちゃぐちゃになってしまうことがあります。バックアップをとるなどの対策を行い、変更されるURLが本当に必要なものかを確認する必要があり、少し難易度が高い編集となることがあります。

また、アクセス解析など外部サーバーとの接続を行っている場合も、SSL接続である必要があります。

ジョン

やっとSSL化完成したわ〜。画像ファイルの読み込みで全然「保護されていない通信」ってのなくならんかったし〜

ティン

お疲れ〜

ジョン

楽しようと思って、適当にプラグイン使ったら、サーバー内のデータごとぐちゃぐちゃになって、ばり焦ったわぁ〜

ティン

ほんまバックアップとっててよかったなぁ〜(笑)

ジョン

んにしても、今や「保護された通信」って鍵マークついてることが神々しいわ!

とめ

  • SSL設定はサイト運用において、必須事項!
  • SSL設定しただけでは、Googleさんに認められない!常時SSL化を目指そう!
  • 常時SSL化ができても、「保護されていない通信」が出る場合は、画像やCSSなど外部リンクを疑う!
  • 「.htaccess」やプラグインによる一括編集など、ちょっとでもヤバそうな編集の前にはバックアップを!
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる