ネットショップ・ECサイトの作成方法を徹底解説!!最も適した方法とは!?

オンラインで商品を販売したい。と言っても具体的にどうすればいいの?

今は無料でネットショップも作れるみたいだけど、たくさん種類があって何がいいのかわからない!!

ネットショップは無料で作成できるものもあれば、しっかり費用がかかるものもあります。

もちろん、無料のサービスにも、格安のサービスにも、高額のサービスにもそれぞれ理由が存在します

この記事を読めば、今ある主要のネットショップ・ECサイト作成サービスの違いがしっかりわかります!

それぞれ、メリット・デメリットが明確に存在するので、十分理解した上でショップの開設に取り掛かりましょう!

※ホームページとネットショップでは役割が大きく異なります!ホームページについてはこちらの記事で解説しております。是非ご覧ください!

目次

ネットショップの構築方法と特徴

ネットショップの構築方法と特徴

と、その前に、ネットショップ(ECサイト)とは、オンライン上で商品を販売するプラットフォームのことですね!オンラインで商品を販売しているというと、パッとイメージされるのが、Amazonや楽天などではないでしょうか?

これらも、もちろんネットショップの一つです!

加えて最近CMでよく聞く、BASEこれもネットショップの一つです。

しかし、この二つには大きな違いがあります。

そこで、まずは、ネットショップ(ECサイト)の種類と特徴について解説していきます!

ECモール

ネットショップ作成の一つの方法として、ECモールと呼ばれるものがあります。

ECモールの代表としては、以下のようなサービスが挙げられます。

  • Amazon
  • 楽天
  • Yahoo!ショッピング

お!聞いたことある!

ECモールとは、すでに存在するプラットフォーム上に「出店する」形式でオンライン上で商品を販売する方法です。

メリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

  • プラットフォーム自体が集客力を持っているので、集客がしやすい。
  • 各プラットフォームのルールに乗っ取って商品を販売するので、操作方法などはサポートが受けられる。
  • 月額費用や販売手数料の支払いが必要だが、初期費用は比較的少ない。

デメリット

  • カスタマイズ性が低く、ショップにオリジナリティーや独創性はかなり出しづらい
  • 初期費用は少ないが、永続的にショップの契約料がかかるので長期的にはコスト大
  • 販売規則などのルールが細かく、自由な施策は打ちづらい

個人的には、楽天やAmazonなどのECモールはせどりなどの物販を行う方が利用するイメージが強い印象。

自分のサービスにオリジナリティーは求めておらず、手早くオンラインで商品を販売するだけで良い。
という方は、ECモールのサービスを利用すると、費用を抑えつつ、かつ、売れやすい状態に素早く持っていくことができるのではないでしょうか?

まずはこれらのECモールを利用して商品を販売してみるのも良いのかもしれません。

ASP (Application Service Provider)

次の方法として、ASPを利用したネットショップの作成があります。

いきなりアルファベット。急に難しくなったなぁ。

急にアルファベットが出てきて戸惑いますよね(笑)

ASPと言っても、内容は簡単です。

ASPの特徴は、

「企業のネットショップの仕組みを利用させてもらって、自分のネットショップを建てることができる」

という点です。

ECモールと大きく異なる点は、ある程度自分のオリジナルのショップを作成することができる点です。

とはいえ、サービスによってカスタマイズ性は大きく異なります。

代表的なASPは以下の通りです。

  • Shopify
  • BASE
  • MakeShop
  • ショップサーブ
  • カラーミー

それぞれのサービスによって、かなり特徴が異なるのですが、今は一旦置いておいて。。

ASPのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • ある程度のカスタマイズが可能で、工夫次第ではオリジナリティーや独自性を出すことも可能
  • ネットショップに必要な機能が最初から搭載されており安心
  • 運用費用が比較的安価

デメリット

  • 企業からネットショップの仕組みを借りているため、オープンソースやパッケージ型に比べて、カスタマイズ性が低い。
  • ネットショップを作るだけでは、集客が見込めずマーケティングが必要

ASPはとても便利ですが、売上や集客の効果は運営者によって大きく変化します。

しっかり制作と運営に力を入れることで、独自のブランドを作ることも可能であり、SNSなどとの連携によってもコアなユーザーを作ることが可能です。

ASPを利用することで、比較的安価に制作・運用が可能であり、中規模程度のネットショップであれば十分に活用することができるでしょう!

オープンソース

最後の方法はオープンソースを利用した、ECサイトの構築。

オープンソースとは、無償公開されているEC構築システムを利用してネットショップを作成する方法です。

無料!?これが一番いいやん!

ソースコードが公開されているため、非常にカスタマイズ性が高いことが特徴です。

無料と聞くと、飛びつきがちですが、もちろん無料にはそれなりの理由があります。

オープンソースでの制作では、あらゆる対応を自力で行うことが求められるため、比較的高度な技術が必要です。その分野において知見が深い必要があります。

そう簡単に「完成!!」とはいかないことを覚悟してください。(笑

メリット・デメリットは以下の通り

メリット

  • 無料で利用することができる
  • 自由にカスタマイズすることができる

デメリット

  • 比較的高度な知識と技術がないと、カスタマイズができない
  • あらゆる問題に対して、自力で解決する必要がある
  • セキュリティ対策に対しても、自力で行う必要がある

オープンソースは無料で利用することができる反面、あらゆる対応を自己責任で行う必要があります。

運用時に頼りとなる情報源も比較的少ない(わかりにくい)傾向にあるため、エンジニアの力が必要になります。

社内にその分野に知見の深いエンジニアがいる場合は有効な手段であると言えるでしょう。

まとめ

今回は、ネットショップ(ECサイト)の作成方法として代表的な3つを紹介しました!

今回の解説で、ネットショップの作成方法の種類とそれぞれのメリット・デメリットがわかったのではないでしょうか?

それぞれの種類で、さまざまな会社が独自の強みを活かして、サービスを展開しています。

自社に最も適した作成方法が何なのか、しっかりと考えてから作成していきたいですね!

次回は、それぞれの会社が展開しているサービスの特徴について細かく解説していこうと思います!

ちなみに、我々はASPの中でも最も勢いがある「Shopify」を利用したネットショップ作成サービスも行っております!
エンジニアによる力を活かし、ネットショップをフルカスタマイズすることが可能です!
お客様が求めるネットショップ作成を全力でサポートさせていただきます!
よろしければ是非^^

おわり。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる